借金問題 繰り返す 特徴

借金をするのは簡単

身内や友人、そして消費者金融機関からお金を借りる事を借金といいますが、本当にどうしようもなくなって借りる人もいれば、安易な気持ちから借りる人と…その借金の質はさまざまです。そして、借りたお金は返すのは当たり前の事ですが、それが出来ない人がいるのも事実。お金を返済できずに夜逃げしたり、あるいは自殺や殺人、強盗いった間違った道に進んでしまう人もいます。
いずれにしろ、返済ができないがために、これまで良好だった人間関係をも壊してしまうこともあるのですから怖いものです。こういったお金に関わるトラブルは、リアルな実生活だけでなくドラマなどの架空の世界でも題材にされています。それだけ、身近なものであるということであり、しっかりと考えてお金を管理してはいけないということなのです。

 

ちなみに、借金という言葉以外にも、似たような言葉が使われています。クレジット、月賦、ローン、キャッシング…これらも立派な借金です。特にクレジットについては、気軽にカードが持てるだけに借金といった感覚を覚えずに使っている人もいます。それにしても、なぜ人は呼び方を変えてまで借金をしてしまうのでしょうか?

 

借金をするのはとても勇気がいります。初めて借金をするときは身分証明書や所得など…事細かく自分の個人情報を伝えなくてはいけないのです。審査に必要だとはいえ、最初はちょっと不安ですね。その審査が通れば、あとは驚くほど簡単にお金を借りることができます。特にクレジットカードは簡単すぎて、借金をしている感覚をなくしてしまうほどなのです。


借金に対してのイメージが優しくなっている

お金を借りる事は、普通に考えると恥ずかしい事。借金をしたことなんて、親や兄弟、友人に話せません。でも、借金の理由や借金方法によって、それは恥ずかしくもなんともない…むしろかっこいい印象を与える事もあります。

 

まず、住宅ローンなどは最たるもの。多額の借金なわけですが、夢のマイホームですから「毎月に返済が苦しんだよね〜」といいつつ、その顔はどことなくにやけています。
また、今ではほとんどの人が1枚は持っているクレジットカード。手軽に持つことができ、カード一枚でお会計がスムーズに済むのですから、ちょっと憧れてしまう人も多いのではないでしょうか。
そして、キャッシングも。それを煽り立てるような明るいイメージのテレビコマーシャルなどが流れていることからも、イメージ的にも随分と軽いものとなりました。最近は規制が厳しくなったせいかあまり見かけませんが、一時期、テレビコマーシャルを賑わしていました。

 

このように、借金の怖さを感じさせないものが多数でてきているわけです。もちろん、借金の怖さをしっかりと認識し、うまく利用している人もいます。でも、できていない人も多くいるのです。


借金は重ねるごとに抜け出せなくなる

借金を重ねてしまう人というのは、最初はささいな理由で借りてしまう事がほとんどです。

 

「給料日まで少し足りないから」
「旅行に行きたいけど、ちょっと手持ちのお金が足りない」
「あの洋服がどうしてもほしい」
「今日こそパチンコの負けを取り戻してやる」

 

…そんな安易な気持ちで借りてしまい、それがになってしまうのですから大変です。気が付けば、毎月借りては返すの繰り返し…いつしか、その金額が膨れていってしまうのですから大変です。

 

借金の怖さはこういった、繰り返し使う事で膨れていき、抜け出したくても抜け出せなくなる事です。お金を借りるという事は、そこに少なからずも金利がつきます。それは、借りたお金をそのままそっくり返すということではなく、ちょっと増えた金額が返すという事。知らず知らずにその額は大きくなり、金利がいくらなのか、返済はいつまでなのか…わからなくなってしまうことも。自転車操業的な状態になってしまうと、限度額まで後いくらぐらい借りられるか…といった事しか頭になくなるのです。


最後に待っているのは闇金

借りては返す…それが定番化してしまうと、借りる事に違和感を覚える事がなくなり、
普通の人が感じる恐怖心とかかがマヒして感じないようになります。
金利はそう安くありませんから、毎月借りる事ですぐにとんでもない金額にまで上がっていきます。なかには、1ヵ月に10万近い金額の利息を払っている人もいるのですから、安易にお金を借りる事に対してのリスクがどれだけ大きいのかがわかります。

 

1ヵ月に10万近い利息を払っていたら、普通に人の収入では厳しい…というか、不足してしまうでしょう。生活費が全くなくなってしまいます。
そうした状態にいとも簡単にしてしまうのですから、借金というのはとても怖いもの。まるで蟻地獄のようなものといえます。人生を簡単に狂わせてしまうのも納得ですし、一つ間違えれば多重債権者としてとんでない人生を送る事にもなるのです。

 

返せなければ別のところでお金を借りて返す…うまくやっているようにみえて、実は少しずつ崩壊してきています。それは音もなく忍び寄り、突然、限界を告げます。借りすぎてついてに限度額を超えて借りられなくなり…そうなったら待っているのは闇金しかないのです。

 

 

即日 お金借りたい


更新履歴