借金問題 繰り返す 特徴

5年もしくは10年未払いで借金はチャラになる!?

借金というのは、時間が経つと実はチャラになる!?
…この事を知っている人というのは、少ないのではないでしょうか。まるで借金を踏み倒すのを推奨するかのような制度ですが、すべての借金に適用されるわけではありません。適用されるにはいくつかの条件があり、誰に借りたかによっても変わってきます。

 

借金の時効がカウントされるのは、最後に返済をしてから。貸金業者からの借金であれば5年、身内や友人からの借金であれば10年が時効となります。この時効を過ぎてしまうと、貸した人が借り受けた人に対して「お金を返して」とはいえなくなるのです。ちなみに、ここでいう貸金業者とは、サラ金などの消費者金融、銀行、信販会社をいい、信用金庫で借りたお金の時効は10年と他の貸金業者よりも長いものとなっています。

 

とはいえ、お金を貸した人も黙って待っていることはありませんから、当然、返済の催促をしてきます。借りた人もただ無視しているわけにもいかず…捕まらないように逃げます。逃げ続けて数年…ついに「5年(もしくは10年)逃げたからもう借金はチャラだ!」と思うかもしれませんが、実はそれだけでは借金は消滅しません。時効を成立させるには、「消滅時効の援用」をしなければいけないのです。

 

この「消滅時効の援用」は、相手側に「もう時効が成立しましたよ」と伝える事。民法145条にしっかりと記載されており、法律的にも確かなもの。特定調停や任意整理、個人再生、自己破産の債務整理、過払い返還請求の手続きなどでも利用されることがあるのです。


消滅時効の援用を受けるには、ある程度の犠牲が必要

「消滅時効の援用」を受けるためには、ただ単に5年や10年といった長い月日を待って過ごしていればいいわけではありません。いくつかの条件があるのですが、まず、借金を返済していない状態を継続していなければいけません。借り受けた人が借金があるのを認めたり、一部でも返済してしまうと、それは消滅時効が中断することとなるのです。

 

とはいえ、「消滅時効の援用」が成立するのを、貸金業者が黙って見過ごすわけもなく…それに対抗する手段というのも実は用意されているのです。それが内容証明郵便であり、これによって借金の返済を催促されると、時効が半年間延長されるのです。もちろん、内容証明郵便で勧告されても延長した半年間に何もしなければ、そのまま時効を迎える事になります。

 

また、差し押さえといった手段もあります。差し押さえた品物を競売などにかけてお金に変換することで、時効が中断されるのです。その分、返済したことになるのですから…。

 

「消滅時効の援用」は一見、借金に苦しむ人からみたら「ラッキー♪」と思えるような制度ですが、これを成立させるのはなかなか大変。きちんとした法律家のアドバイスの元、どうしようない理由があって利用するならまだしも、安易な気持ちでやるには犠牲が大きすぎます。5年や10年といった間、逃げ続けなくてはいけませんから、まともな生活とは無縁となるでしょう。普通の生活が送れないぐらいであれば、借りたお金はしっかりと返すのが一番いいのです。