借金問題 繰り返す 特徴

親の借金返済は子供にも責任がある?

もし、親が多額の借金を作っていたら…それを知った時のショックは、計り知れないほど大きいものとなります。ましてや、その借金がとても返済できないようなものだったら?もしかしたら子供にも責任を負わされるのでは…なんて考えてしまいますが、親が作った借金はあくまで親の責任ですから、子供にその責任はないのです。つまり、関係ない…ということ。

 

とはいえ、もし子供が親の連帯保証人や、親に不幸があったことで借金が支払われなくなってしまった場合では、必ずしも責任がないとはいえません。前者の場合はもちろん返済義務が生じますし、後者の場合では「親の遺産を受け継ぐ=借金も受け継ぐ」となるのです。遺産相続はプラスの財産だけでなくマイナスの財産も受け継がなくてはいけませんので、借金もおのずとついてくることになるのです。

 

連帯保証になっている場合は仕方がないにしろ、遺産相続によって借金返済義務までもついてくるのであれば、これを放棄することで借金返済の義務がなくなります。ただし、当然のことながらプラスの財産も受け継ぐことができなくなります。これを、「相続放棄」といいます。

 

相続放棄をすることで借金といったマイナスの財産だけでなくプラスの財産もすべて受け取れなくなるわけですが、実は例外的に受け取れるものがあります。生命保険金や死亡退職金、遺族年金、香典、お墓や仏壇仏具です。これらは死亡することで発生したものであり、死亡した本人が受け取るものではありませんので財産とみなされないのです。


相続放棄手続きをしないと借金を受け継ぐことになる

親に不幸があって、莫大な借金が残ってしまった!?
…そんな時、その子供が必ずしも借金を返済しなければいけないわけではありません。相続放棄をすれば、プラスの財産も受け取れませんが、借金の責任も負わなくて済むのです。この相続放棄をおこなうには、相続開始を知った日…つまりは親が亡くなったことを知ってから3カ月以内です。3カ月以内に相続放棄の手続きをおこなわないと、借金は自動的に子供が受け継ぐことになりますのでご用心。

 

相続放棄の手続きをおこなうには、裁判所でもらえる相続放棄申述書、亡くなった人の本籍地で取得することができる除籍謄本、放棄を希望する人の戸籍謄本と印鑑、そして収入印紙が必要となります。これらの書類を揃えたら、被相続人…つまりは亡くなった人の死亡当時に住んでいた地区を管轄する家庭裁判所に持って行きます。

 

ちなみに、相続放棄の手続きが完了するまえにやってしまうと、無効になってしまうタブーがあります。当然のことながら、親の財産に手を出したら、その時点で相続を了解したことになります。親の預金を下ろすこともこれにあたります。ただし、資産価値がない家財道具を処分するのは問題なし亡くなった人の所有不動産の維持や管理、自動引き落としのローン、葬儀費用、形見分けなど…これらは財産に手を出し事にはならないのです。もちろん、資産価値がある財産を隠すこともダメです。